忍者ブログ
主に編集後記とか、デンパな日記とか。
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はい、昨日の宣言通りやってきましたよ、三国志大戦。よく分からない人はスルー推奨です。分かりやすく説明できる気がしませんので。
本日は天下統一大会。『9コスト&ver.3のC・UC限定』というルールでした。殆どのキーカードがR・SRに集中するこのver.では、中々斬新な特殊ルールでしたが、やっぱりというかなんというか、沈瑩入り開幕乙が大量発生してましたね。軍師はR・SRを普通に使えるため、馬謖の回復奮陣が使えるのが原因でしょうか。普段からよくマッチするタイプの相手なので、対処は出来ましたが……『普段使わないカードの良さを君主たちに知らしめたい』というSEGAの目論見は見事に失敗しましたね。
では、今回の私はどんなデッキを使ったかと言うと、この2つでした。

1.憂国水計ワラ
【武安国 董承 淳于瓊 劉虞 審配 許攸】
魏の大水計ワラの如く、水計の圧力でラインを上げ各個撃破で攻城をもぎ取るデッキです。ダメ計が余り効かないと判断したら、董承や淳于瓊で対処。許攸は飾り。
審配が崩射を持っているため、劉虞が存分に暴れまわる事が出来ます。
でも、肝心の審配が国力を1消費してやっといつもの水計と同じ範囲&ダメージという惨状なので、誰も見向きもしてくれません。

2.破滅沈瑩
【UCホウ徳(群) 沈瑩 凌統 陳宮 張衛】
序盤は沈瑩を破滅献策で突っ込ませ、終盤に張衛の火事場の麻痺矢とホウ徳の人馬一体で援護しつつ、城門に沈瑩をシュウゥゥ―――ッ!するデッキ。
お前も沈瑩使ってんじゃねーか!って突っ込みは無しで。あっちは開幕乙、こっちは終盤まで試合をもつれこまさないと話にならないんで。


結果から言うと2番は大失敗でした。幾ら周りを強化しても、肝心の沈瑩が強化されないんじゃ援護しても生き残れません。勝つには勝ちましたが、それも序盤に沈瑩が2,3発城壁を殴った果ての結果。これじゃ開幕乙と変わりません。反省。

そして問題の1番。……何というか、大成功でした。勝因は審配の影の薄さ。余りに誰にも見向きされなかった結果、試合中に相手が水計持ちという事を忘れてしまい、審配の前に密集してしまう場面が何度もありました。4戦やって4戦とも全部隊押し流すとか、知名度無さすぎだろ……。
上ではガッカリ計略と言われていますが、腐ってもダメ計。知力3までは確殺、知力4も弓で追い打ちを掛ければ倒せますし、ダメージのランダム幅が大きいのか、知力6が一撃で落ちる場合もありました。ごめんねトウシキュン。そんな計略で全部隊押し流されれば、そりゃ戦線崩壊する訳で。
リアルステルス半端ないなー、と思いました。これなら大会に限らず、普段の戦闘でも使って行けるかもしれません。普段は漢軍使ってるんで、袁紹の代わりに中盤の凌ぎ要員として採用してみます。
 

PR
久しぶりに大戦記事。今までも記事になっていなかっただけで、時々やってましたよ。
ですが、今回は特筆すべき事もなく四連敗でした。
本日のデッキは、SR司馬懿、R司馬炎、Rホウ徳、C蔡瑁、C弱体化の皇后
やはり騎馬3枚は難しいですね。というかスピードが速い、速すぎる。週1プレイが精々な私にとっちゃ、このゲームスピードにはついていけません。
しかもver.upに伴い機略が速度増加。うっかりしてると槍に二段迎撃される悪夢のような環境になりました。

……そういう訳でデッキ改造を決意。色々考えた結果、前線が蔡瑁だけじゃ心許ないので、ホウ徳を入れ替えてホウ徳を入れる事にしました。
……事実を書いているだけなのに、なんつーギャグみたいな文面なんだ。

フォーチュンと陶濬って響きが似てね?と思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今日は車輪デッキを持って大戦をやってきました。何か全国大戦で3連戦が出来なくて、2戦終えたらそのままカード排出になるんですけど、3.15になってからの仕様なんでしょうか、これ。

とりあえず、本日のデッキ構成です。
UC法正 UC張飛 UC関平 UC凌統 UC張紘
槍4本、武力重視の蜀呉2色車輪です。伏兵2枚、勇猛2枚で開幕や事故にも安心。何よりもRが一枚もない低予算。妨害計略は張紘の浄化の計で対応。麻痺矢?出会ったら諦めます。

で、このデッキを持って行ったんですが、時間帯があれだったもので対人戦は1回しか起きませんでした。まあ2戦しかしてないし当然か。
で、その一回で当たったのが大徳。武力+5の号令とぶつかるのは難しいかなぁと思っていたのですが、何の問題もなく車輪で引き潰せました。……武力+3しかされてないのに、車輪効果、恐ろしい子……!

三国志大戦がver3.5にアップされたようです。すっかり大戦から離れていた私からしてみればびっくりでした。いや、ゲーセンにカード拾いに行くのはしょっちゅうだったのですが。
んで、追加カードの中に「呉蜀の連合号令」を搭載したUCトウシがいる事が判明。

……ちょっと復活してくる。

と思ったら機略自在の仕様が大幅に変更され、今までのデッキではほぼ通用しなくなってしまいました。機略2度がけが効かないとなると、手持ちのカードじゃ有効な戦術を作り出せません。
そういう訳でサブデッキの二色車輪にシフト。全部UCカードで構成された低予算デッキです。ついでにちょっとカードを入れ替えるだけで連合デッキにも対応できます。
……拾えたらそれが一番なんだけどね!今日も2のR曹真が落ちてたし。
再び三国志大戦の新カード。今回は漫画家ネタよりもゲームそのものでのネタのほうが多いです。


R楽進 1.5 槍兵 6/3 地 突破戦法
しかし、しょっぱなのカードは漫画家ネタであった。絵師は「ホーリーランド」の作者森恒二さん。二つ名『武将狩り』も同作品の主人公の通り名『不良狩り』から持ってきています。
能力的には、魏待望の武力6槍。計略は槍兵には向いていないような…。同じく追加された1.5槍の郭淮・荀攸、前verからの于禁とどう使い分けるかがポイント。また満寵の出番が無くなっちまうな。
…しかし、聖地も格闘も武将狩りも、楽進には全く接点が無いのに…。そもそも魏のどこに聖地があるのかと。

SR関羽 2.5 騎兵 9/5 地 勇猛 鬼神降臨
2で猛威を振るった鬼神様が帰ってきた!スペック・計略はほぼそのまま。
しかし今度の蜀の関羽は鬼のように強いので、以前のように『魏の関羽が全盛期』とは言われなくなった模様。
SR甄皇后の悲哀の舞と組み合わせるとロマンが発動します。

UCホウ徳 2.0 槍兵 8/1 天 勇猛 隠密戦法
知力1で隠密戦法。一見匙を投げた組み合わせですが、絵師が「ハチワンダイバー」の柴田ヨクサルさんとなれば話は別。こいつで端攻め攻城が一つの目標。
かつての典韋ポジション…と言いたい所ですが、もう片方のホウ徳が高性能すぎて入れるのに躊躇ってしまいます。
…つか、ホウ徳ってこれで何枚目でしたっけ。諸葛亮並みの数が揃ってそうな気が。



疲れたから今日はここまで。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[10/31 リュド]
[10/29 名無し]
[10/04 リュド]
[10/02 名無し]
[09/22 リュド]
最新TB
プロフィール
HN:
せしるん
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1989/07/03
職業:
遂に大学生に。
趣味:
読書と言えば聞こえがいい
自己紹介:
紅茶よりもコーヒーのほうが好きです。というか、どうしても紅茶が飲めません。劉度シリーズでの大当たりに調子に乗ってブログを始めました。更に調子に乗って新作をはじめました。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析